SEO

どのように記事を発信したいかをまず考えることが大切

キーボード

インターネットでいろいろなことを検索してみると、その記事の多さにびっくりします。いろいろなジャンルでいろいろなことがかかれています。また同じテーマで書かれている記事であったとしても、その内容が正反対という場合もあるのです。その内容は、実はその著者の意見、考えによって大きく変わってくるのです。
もしも日記であるような物、またモニターをした感想のような記事であれば、個人の見解で内容がかかれていても問題はありません。しかしそれが物事の説明をするないようになると、やはりユーザーファーストSEOを意識した記事を書く必要があるのです。
例えば、自分の主観的思いで内容を書いても、それに同感しない人は、記事を読む気もなくなります。しかし客観的な視点でユーザーファーストSEOを意識すると、多くの人が記事に目をとめることが出来るようになりますし、それを読んでくれるようになるのです。
ユーザーファーストSEOを意識して内容を書くというのは簡単なことではありません。経験や知識も必要ですし、ユーザーが何を求めているかということを分析することが重要です。そのためには、記事の裏付けをとったり、正確性が重要といえるのです。

CHOICES

画面を指さす人

読者のためになる記事を書くためにはSEOを意識することが大切

自分がインターネットでなにかを検索する時って、何か調べたいことがあって調べ始めることが多いはずです。しかし、なかなか思うようなものにヒットしない…一体これどうなの?と思うことも少なくないはずです…

キーボード

どのように記事を発信したいかをまず考えることが大切

インターネットでいろいろなことを検索してみると、その記事の多さにびっくりします。いろいろなジャンルでいろいろなことがかかれています。また同じテーマで書かれている記事であったとしても、その内容が正…

ソースコード

2010年代に入ってSEO対策の傾向は変わった

2010年代とそれ以前のSEO対策の傾向は明らかに異なります。2010年代に入ると、だいたい1年間で1回は重大な検索エンジンのアルゴリズムのアップデートがありました。例えば、2011年には最大手…

座っている人

今注目されているSEO対策はユーザビリティ

SEO対策は時と共に最適な方法が大きく変わり、数年前、数ヶ月前まで有効だった手段が今では全く効果がないということもあり得ます。そうした中でも効果が長続きするだろうと見られているSEO対策は、ユー…