SEO

2010年代に入ってSEO対策の傾向は変わった

ソースコード

2010年代とそれ以前のSEO対策の傾向は明らかに異なります。2010年代に入ると、だいたい1年間で1回は重大な検索エンジンのアルゴリズムのアップデートがありました。例えば、2011年には最大手であるgoogleで大規模なパンダアップデートというものが始まりました。これが2012年になるとペンギンアップデートが始まり、さらに2013年に入るとハミングバードというものが考えられました。
検索エンジンのアルゴリズムがここまで進化しているのは、世の中に登場している様々なツールが検索エンジンの検索順位に影響を与えやすくなってしまっているからです。本来、サイトを運営している人はそのサイトに掲載されている情報を自分で発信して情報を伝えなくてはいけません。しかし、ソーシャルメディアが発達した2010年以降になると、サイトにやってくるユーザー自身がそのサイトの情報を外部に発信してくれるようになりました。
こうした情報は当然検索エンジンの評価の材料にもなるため、WEBに広がっているソーシャルメディアの情報を拾うための新しい基準が必要になったのです。業者にSEO対策を依頼するときには、特にその時代で流行しているSEO対策も考慮してもらわなくてはいけないので知っておくと大変便利です。

CHOICES

画面を指さす人

読者のためになる記事を書くためにはSEOを意識することが大切

自分がインターネットでなにかを検索する時って、何か調べたいことがあって調べ始めることが多いはずです。しかし、なかなか思うようなものにヒットしない…一体これどうなの?と思うことも少なくないはずです…

キーボード

どのように記事を発信したいかをまず考えることが大切

インターネットでいろいろなことを検索してみると、その記事の多さにびっくりします。いろいろなジャンルでいろいろなことがかかれています。また同じテーマで書かれている記事であったとしても、その内容が正…

ソースコード

2010年代に入ってSEO対策の傾向は変わった

2010年代とそれ以前のSEO対策の傾向は明らかに異なります。2010年代に入ると、だいたい1年間で1回は重大な検索エンジンのアルゴリズムのアップデートがありました。例えば、2011年には最大手…

座っている人

今注目されているSEO対策はユーザビリティ

SEO対策は時と共に最適な方法が大きく変わり、数年前、数ヶ月前まで有効だった手段が今では全く効果がないということもあり得ます。そうした中でも効果が長続きするだろうと見られているSEO対策は、ユー…